しみの予防とケア|ベイザーで美しく花となろう|何度でも甦る

ベイザーで美しく花となろう|何度でも甦る

しみの予防とケア

医者と患者

しみの再発を防ぐ

美容皮膚科クリニックでは光やレーザーなどのしみ治療が受けられます。しみ治療をするとしみがなくなります。しかし、しみは油断すると再発します。しみが出来る原因のほとんどが紫外線です。クリニックでしみ治療をしたあとは、特に肌が乾燥した状態になっています。そのまま屋外に出て日光にあたると、しみになるリスクが高くなります。しみ治療をしたあとは日焼け止めを塗り、紫外線から肌をしっかりガードすることが大切です。また、新陳代謝(ターンオーバー)の乱れもしみに繋がります。通常なら代謝されて排出されるメラニンが、表皮に沈着してしまうからです。睡眠不足やストレスなどが重なると、新地代謝が低下するので注意が必要です。

沢山ある治療

しみにも沢山の種類があり、美容皮膚科クリニックではしみの種類に合わせた治療をしてくれます。一般的に多い紫外線によるしみには、レーザーを照射したり、光を照射したりする治療がお勧めです。レーザーはポイントでしみを狙い撃ちできます。光は面で照射するので、広範囲に渡るしみ・そばかすに効果的です。クリニックでしみに効果がある美白クリームを処方してもらえば、自宅でしみケアが出来ます。ハイドロキノンはしみを漂白する美白クリームの有効成分です。メラニン細胞をやっつけ、メラニンを作らせなくする効果があります。ハイドロキノン入りクリームは、しみ治療をしているクリニックで5gあたり1500円ほどで処方してもらえます。

このエントリーをはてなブックマークに追加