若返りができる美容医療|ベイザーで美しく花となろう|何度でも甦る

ベイザーで美しく花となろう|何度でも甦る

若返りができる美容医療

ウーマン

症状で治療も違う

目の周りのしわ、目の下のたるみ、ほうれい線などは、年齢を重ねると目立ってきます。こうした症状を美容整形で治したい場合は、しわやたるみの種類にあった治療を受ける必要があります。例えば「しわ」と一口にいっても、表情じわもあれば老化によるしわもあります。そして表情じわには効果があっても、老化によるしわには効果がない治療もあります。また、ほうれい線にもしわとたるみの二種類があります。10代や20代のときは、笑ったときに出来る表情じわが形状記憶されてほうえい線ができます。このタイプのほうれい線は簡単に解消できます。30代になると頬の肉がたるんでほうれい線になります。このたるみによるほうれい線を治すには、リフトアップ系の治療が効果的です。

効果がある治療

表情じわに効果があるのがボツリヌス・トキシン療法です。あらゆる筋肉に作用するA型ボツリヌス毒素の性質を利用した若返りのプチ整形です。効果があるのは喜怒哀楽を表したときにできる表情じわです。目元の細かいしわなどは特にボツリヌス・トキシン療法が有効です。手っ取り早くできて、料金も比較的安めです。たるみが原因のほうれい線にはスプリングスレッドが有効です。スプリングスレッドは柔軟性のある突起がついた非吸収糸を使って行う美容医療です。糸を使うリフトアップ系治療は沢山あります。スプリングスレッドは、その中でもほうれい線解消に特に効果があります。口もとの筋肉に合わせて自由に動き、たるみが自然に解消されます。

このエントリーをはてなブックマークに追加