ベイザーで美しく花となろう|何度でも甦る

脂肪吸引で美しく

ウエスト

脂肪の取りすぎに注意

太っていない人でも二の腕やふくらはぎなど特定の部分の脂肪に悩んでいるという女性は大勢います。またもっと理想の体形に近づくために、ウエストを細くしたいと思っている女性も少なくありません。しかし太っていない人の場合、皮下脂肪が少ない為通常の脂肪吸引では思うほど脂肪を取ることができません。こういった場合に向いているのがベイザーです。脂肪細胞を溶かして吸引するので、皮下脂肪の90%まで取ることができます。また脂肪が溶けているので体の細胞を傷つけたり出血することもなく、取ったあとにたるみが出にくいという特徴があります。理想通りの体形になれ、しかも体に負担がかからないベイザーですが、脂肪を取りすぎてしまうのはよくありません。脂肪は女性らしい丸みを体に与えてくれるものでもあるので、ベイザーを受けるさいにはどのくらい脂肪を取れば美しい体になれるかを医師とよく相談することが大切です。

脂肪の定着率が良い

ベイザーで吸引した脂肪は通常の脂肪吸引よりも細かくなっています。その為胸やお尻、ほうれい線など気になる部分に注入するとスムーズに定着します。ベイザーと一緒に豊胸や、ほうれい線改善の為の施術を受けるとより美しい体になることができるのです。ベイザーで吸引した脂肪の中には脂肪幹細胞が沢山含まれているため、注入した部分の若返りも期待できます。美しさを手に入れるのに最適なベイザーですが、施術後にきちんとケアしておくことも大切です。施術後1ヶ月間はきちんと医療用の下着を身につけ患部を圧迫しておくことで、皮膚を滑らかに保つことができます。また脂肪を沢山取った部分はたるみやすくなるためストレッチを重点的に行います。

婦人

筋肉が原因だった

しわやたるみは、筋肉が関係していることがあり、基礎化粧品などでのスキンケアだけでは改善が難しい場合があります。美容整形などのクリニックではボトックス注射によって筋肉を緩めることができます。日頃の生活習慣とクリニックを上手く活用して、気になるしわやたるみを改善していきましょう。

医者と患者

しみの予防とケア

紫外線によるダメージを肌に受けると、メラニン細胞が活性化してしみが出来ます。クリニックでしみ治療をしても、紫外線を浴びるとしみが再発するので要注意です。しみを予防するには、紫外線カットを徹底することが第一です。

ウーマン

若返りができる美容医療

美容整形を受ければどんなしわやたるみも解消できます。ただし、しわやたるみの種類で有効な治療法もまた違ってきます。表情じわにはボツリヌス・トキシン療法、ほうれい線のたるみにはスプリングスレッドがお勧めです。

このエントリーをはてなブックマークに追加